鮎釣りでオトリを弱らせないコツ!ボウズ回避に効果絶大(初心者向け)

釣果のイメージ初心者さん
釣果のイメージ

みなさんは鮎釣りで「ボウズ」を食らったことはありますか?

私は今までに数回、釣果ゼロ匹を体験しています。

その悲しみといったら、、、。

今回紹介する内容を意識することで私はボウズを食らうことが無くなりました。

是非参考にしていただければ幸いです。

「鮎をたくさん釣る」セオリーとは違う部分もありますので考え方の一つとして参考にしてください。

こんな方にお勧めです。

一人で釣れるか心配

もうボウズを食らいたくない

釣れない時はどうすればいい?

釣れないときの特効薬を教えて!

この記事の内容

  • オトリを弱らせないコツと釣り方
  • 狙う場所
  • 仕掛け交換をおすすめする理由
  • 弱ってしまった時の奥の手

この記事を読むことで釣りの引き出しが増え、ボウズを食らいにくくなります。

オトリは弱らせない

オトリ鮎を追い払う野鮎

ボウズを逃れるためには

オトリを弱らせないことが一番重要です。

最初は守りの釣りでオトリの体力を温存しましょう。

最初に狙う場所

緩い流れの川

最初は流れの少し緩いところを狙ってください。

理由は、オトリ鮎を弱らせてしまうと鮎が掛かりにくくなるからです。

オトリ鮎は弱ると川底に座って休憩してしまいます。

早い流れでは川底に潜ることも出来ずにどんどん流されてしまいます。

川底で休憩=根掛り

流される=オトリが水面に横たわる。

その結果、野鮎に追われるどころか、根掛りしたりオトリが弱るばかりで、釣果に結び付きません。

しかし、流れが緩すぎる所だと

追う鮎はいない

針掛りが浅くてバレやすい

そのため、最初は流れが「少し緩い」ところを狙って釣りましょう。

釣り方

「泳がせ釣り」

泳がせ釣りとは鮎の鼻を引っ張らずに自由に泳がせる釣り方です。

特徴
  • 引き釣りに比べて弱りにくい
  • 泳ぎが自然

イメージとしてはオトリが自分で上流に向かって泳いでいく感じです。

オトリが元気なうちは泳がせ釣りを試しましょう。

ぐんぐん泳いでくれるとすぐに釣れることが多いです。

それでも釣れない場合はサカバリや掛針をチェックしましょう。

弱らせないポイント

  • 糸を引っ張りすぎない
  • 流れの強いところは避ける
  • 糸を緩めすぎない
  • 「サカバリ」を浅めに刺す
  • 送り出しはなるべく水中の中で
  • オトリ回収は素早く
  • 弱り切る前にオトリを変える

糸を引っ張りすぎない

引っ張れば、オトリ鮎は逆の後方に抵抗して泳ぐため、弱ります。

流れの強いところは避ける

早い流れに逆らって泳いでいる上に水中糸にかかる「水流抵抗」も大きくなります。

慣れている人でないとすぐにオトリを弱らせてしまいます。

糸を緩めすぎない

糸を緩めすぎると根掛りしやすくなります。

根掛りするとオトリは自由に泳げなくなり、弱ってしまうことが多いです。

サカバリを浅めに刺す

サカバリを浅めに刺すことで根掛りしたときに外れやすくなります。

外れると根掛りしていてもオトリの頭が下流を向くことがないので、弱りずらいです。

送り出しはなるべく水中で

鮎をポイントに送り込むときは、空気を吸わせないようになるべく水の中を通らせます。

オトリ回収は素早く

鮎を手元に寄せる時は素早く回収しましょう。

水面から出てしまっても大丈夫です。

鮎が手元にいる時はなるべく水中から出さないように注意します。

弱り切る前にオトリを変える

おとり屋で買った鮎は脂がのっているため、引き舟の中で休ませるとある程度「回復」します。

弱らせすぎると回復しないため、早めのオトリ交換をしましょう。

仕掛けを変える

指をさす釣り師のイラスト

仕掛けを変えることでオトリの泳ぎが変わります。

その場に適した仕掛けで釣果をアップさせましょう。

仕掛けの変更のレパートリー

  • 水中糸を変える
  • 「中ハリス」(つけ糸)の長さを変える
  • 「おもり」、「セバリ」を使う
  • 「胴締め」

水中糸を変える

糸の種類によって水流の受けやすさや糸の重さが違います。

釣り方は同じでも、糸を変えることでオトリの泳ぎが変わります。

中ハリス、(つけ糸)の長さを変える

中ハリスの長さを変えることで、糸が受ける水の量を変化させることができます。

「複合仕掛け」で泳がせ釣りに特化したいときは中ハリスを短めにするのがおすすめです。

おもり、セバリを使う

この二つは「水中糸」、「中ハリス」の変更に比べてセットが簡単です。

「おもり」を付けると操作性がよくなるので「見え鮎」を直接狙うのにも使えます。

「セバリ」は弱ったオトリを安定させるのに有効です。

効果や使い方は他の記事で詳しく解説します。

胴締め

胴締め仕掛けをセットしたおとり

「胴締め」とは仕掛けの一種で、鮎に直接装着して使います。

メリット
  • 弱っていても安定する
  • 浮き上がりにくく、操作しやすい
  • 強い流れに入れられる。
デメリット
  • 装着が少し難しい

装着した後は流れが速い場所で追いの強い鮎を狙いましょう。

うまく装着できれば真っすぐに泳ぐため、水中で安定します。

引っ張る場所が鼻より後ろになるので浮き上がりにくく操作しやすいです。

初心者の方に一押しのアイテムです!

「太めのPEライン」と「編み込み台」があれば作れるので自作するのもおすすめです。

場所を変える

川の写真

釣れない場所で粘ってもいけません。

釣れると判断する要素は

  • 鮎が見えること
  • 鮎が跳ねている
  • 「前アタリ」がある

食み跡は沢山あっても釣れないことがあるので注意!

鮎が見える場所

鮎が見える所は確実にターゲットが居るので、集中力を保ちやすいです。

掛けるのが難しいですが、あの手この手を試して釣り上げましょう。

ただし、川底でギラギラするのはウグイである可能性もあるので騙されないように注意!

鮎が跳ねているところ

鮎が跳ねている場所は下に魚群があったりするので釣れやすい印象があります。

追いが悪い時は積極的に狙いましょう。

前アタリがある場所

「前アタリ」は野鮎が針やオトリ、糸に接触したときに手元に伝わってくる感覚のことを言います。

他の魚との接触や葉っぱが多く流れてくる時は勘違いしやすいので注意が必要です。

おまけ

一匹目を釣る

一匹目を釣るまでは集中して釣れるイメージを持って釣りをすることが重要です。

ぼーっとして糸を緩めすぎたりすると、水中で仕掛けが絡んでいたり、根掛りに気づかないこともおおいですよ!

 最後に

なるべく釣れている川に行ってください。

周りが釣れているのであればきっと釣れるはずです。

それでも釣れない場合はこの記事の内容を思い出して頑張ってください。

やっと釣れた1匹目はすごく嬉しいし、何匹分もの価値があると思います。

 

まとめ

今回はボウズを食らわないための釣り方やポイントについて解説してきました。

重要なのは以下の内容です。

オトリを弱らせないコツ

  • 糸を引っ張りすぎない
  • 流れの強いところは避ける
  • 糸を緩めすぎない
  • 「サカバリ」を浅めに刺す
  • 送り出しはなるべく水中の中で
  • オトリ回収は素早く
  • 弱り切る前にオトリを変える

弱ってしまった時の奥の手

胴締め

狙う場所

  • 鮎が見えること
  • 鮎が跳ねている
  • 「前アタリ」がある場所

仕掛けを変えることでオトリの泳ぎが変わる

仕掛け変更のレパートリー

  • 水中糸を変える
  • 「中ハリス」、(つけ糸)の長さを変える
  • 「おもり」「セバリ」を使う
  • 「胴締め」

他にも初心者の方の役に立つ記事を書いているので是非ご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました