おもりと背ばり|有効なタイミングやセット方法を解説

おもりの画像初心者さん
カラフルな鮎釣りのおもり

みなさんは「おもり」と「背ばり」を使っていますか?

特におもりは使い方が難しく、苦手意識を持っている人も多いと思います。

背ばりに関しては知らない人もいるのではないでしょうか。

今回はおもりと背ばりの使い方について解説します。

おもり・背ばりの使い方を教えて

おもりを使うと根掛りしてしまう。鮎釣りに詳しくなりたい!

背ばりってなに?

こんな方にお勧めです。

この記事の内容

  • おもり・背ばりの使い方
  • 実釣のイメージ
  • 有効なシチュエーション
  • おもり・背ばりのデメリット

この記事を読むことでおおまかな「「おもり」と「背ばり」の使い方がわかります。

実釣のイメージも解説しているので、釣りの引きだしが増え、釣果アップが期待できます。

おもりの使い方

鮎釣り|おもりを付ける位置

中ハリス(つけ糸)に付けて使います。

オトリから鮎1匹分の位置にオモリを打つ目安です。

主に流れの強い場所でオトリを沈めやすくしたり、泳ぎをサポートする目的で使います。

主な目的
  • 流れの強い場所でオトリを沈める
  • 泳ぎをサポートする

実釣のイメージ

おもりが川底にから少し浮いている状態でオトリの鼻をおもりが引っ張る感じ。

この時に大事なのは、オトリを竿で引かずに、おもりに引かせることです。

おもり水中イメージ|画像

竿で引いている状態はおもりが川底から浮いてしまうため、オトリも浮き上がってしまいます。

オトリを動かす時以外はおもりにオトリを引っ張らせるのが基本となります。

おもりの操作

川底の流れに合わせておもりを操作しましょう。

おもりにサポートされたオトリは「泳ぎが少し不自然」だと考えられます。

「石裏」などは流れが緩くなるため、オトリの自然な泳ぎに任せた方が釣れやすいことが多いです。

さらに、流れの早い場所でもここだ!というポイントで自然な泳ぎを出しつつ、追われるのを待つ釣り方も有効です。

つまり、「おもりを付けた状態でも自然な泳ぎをさせたい」ときがあるのです。

こんな状況のおもり操作はこのようなイメージです。

おもり水中イメージ|画像2

おもりとオトリの間が少しでもフリーになればオトリは自然な泳ぎをしやすくなります。

水中をイメージして、おもりを操作を行うことで釣果アップにつなげましょう。

有効なシチュエーション

  • 流れが強い場所
  • オトリが弱る前、弱り初め
  • 安定させたい時
  • 操作性を良くしたい時

流れが速い場所

流れが速い場所では、オトリを川底まで沈めるのに重宝します。

オトリが弱る前、弱り初め

オトリの泳ぎをサポートできるのでオトリが弱る前や弱り初めにも有効です。

安定させたい時

流れが巻いているような場所でオトリ鮎を安定させるのに使えます。

操作性をよくしたいとき

おもりを付けると狙ったポイントにオトリを送り込みやすくなります。

この4つも意識しておもりを使ってみて下さい。

おもりのデメリット

  • 根掛りしやすい
  • 引き抜きが難しくなる

おもりの号数

重い方が底が取りやすく、オトリが流されにくい為少し重めの号数がおすすめです。

2.5号か3号あたりがおすすめです。

背ばりの使い方

3種類のセバリ|画像

主に流れの強い場所でオトリを沈めやすくしたり、泳ぎのサポート、泳ぎを変化させる目的で使用します。

主な目的
  • 流れの強い場所でオトリを沈める
  • 泳ぎのサポート
  • 泳ぎを変化させる

背ばりも中ハリス(つけ糸)にセットして使います。

セットは3種類

小澤式セバリ(遊動)

セットした「小沢式セバリ」

セット方法

小沢式セバリセット方法

中ハリスでチチワ(結ばない)を作って背ばりのチチワに通す。

小沢式セバリセット方法1

中ハリスのチチワに背ばり全体を通して引っ張る。

小沢式セバリセット方法2

中ハリスを張って、セバリが上下に動かせればOK

ウィリーが付いているタイプ(半不動)

セットした(ウイリー)セバリ

中ハリスでチチワを作って折り返す、そこにウィリーを通して縛る

(ウイリー)セバリのセット方法

フック型(遊動のものが多い)

セットした「フックセバリ」

フック部分を中ハリスに引っ掛ける。

オトリにセットする

針を引っ掛ける場所は赤い線の範囲が目安です。

セバリを打つ範囲|写真

後ろの方に打つと、より浮き上がりにくくなります。

実釣のイメージ

引き釣りの釣り方とほとんど同じです。

セバリの水中イメージ|画像

鼻ではなく、背中を引っ張る状態になるため、浮き上がりにくく、弱りづらいと言えます。

尻尾が上がった状態になるため、アピール効果があります。

ノーマル状態に近いため、泳がせ釣りにも対応できます。

セバリの水中イメージ1

有効なシチュエーション

  • 流れが速い場所
  • オトリが弱る前、弱り初め
  • 安定させたい時
  • アピールを強くしたい時
  • 常につけておく

上の3つはおもりと一緒です。

アピールを強くしたい時

背ばり効果で引っ張った時に尻尾が上がるため、アピールしたい時に有効です。

常につけておく

おもりに比べ、ノーマル状態に近いこともあってか、最初からつけっぱなしの人も多いです。

背ばりのデメリット

  • 背ばりが色んなところに引っかかる
  • オトリから外れることが多い
  • オトリに針を刺すのが難しい

セバリの選び方

セバリは通称「小澤式セバリ」がおすすめです。

他のセバリに比べて取り外しやすく、自由に動かせるこが特徴です。

まとめ

今回はおもりと背ばりの使い方や実釣のイメージを解説しました。

それぞれの有効なシチュエーションとデメリットをまとめておきます。

シチュエーション

  • 流れが強い場所
  • オトリが弱る前、弱り初め
  • 安定させたい時
  • 操作性を良くしたい時

デメリット

  • 根掛りしやすい
  • 引き抜きが難しくなる

シチュエーション

  • 流れが速い場所
  • オトリが弱る前、弱り初め
  • 安定させたい時
  • アピールを強くしたい時
  • 常につけておく

デメリット

  • 背ばりが色んなところに引っかかる
  • オトリから外れることが多い
  • オトリに針を刺すのが難しい

おもりや背ばりを必要に応じて使って釣果をアップさせてください。

使い方の考え方は人それぞれです。

自分だけの使い方も見つけてみて下さい。

他にも初心者の方の参考になる記事を制作しているので是非ご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました