鮎釣りの基本|引き釣りと泳がせ釣りとその応用を徹底解説!(初心者向け)

引き釣りのイメージ画像初心者さん
泳がせ釣りのイメージ画像

引き釣りと泳がせ釣り、感覚を掴んでしまえば釣果もきっとよくなります。

この2つを使いこなせるようにして初心者を卒業しましょう。

今回は引き釣りと泳がせ釣りのイメージや感覚、適した仕掛けなどを解説します。

こんな方にお勧めです。

初心者さん
初心者さん

引き釣りと泳がせ釣り

よく聞くけど違いがわからない

やってみたけどうまくいかなかった

釣ってる時の感覚をおしえて

引き釣り

引き釣りのイメージ画像

引き釣りは竿を低く構えて竿が曲がっている状態が基本です。

水中イメージ

引き釣りの水中イメージ画像

鮎が前の方に引っ張られる

水中の糸の角度が鋭角になる

メリット特徴

流れの強いところでも釣りやすい

おとり操作がしやすい

デメリット

オトリの泳ぎが固くなる

弱らせやすい

丁寧な釣りを意識する

オトリ操作が雑になり、弱らせてしまうことが多いです。

おとりを動かす時はゆっくり一定に動かすことで弱りにくくなります。

引っ張っても引いてこれない場合は一気に引き上げるか、水面から浮かすなどして場所を変えましょう。

泳がせ釣り

泳がせ釣りのイメージ画像

竿が垂直に近い角度で竿がほとんど曲がらない状態が基本です。

水中イメージ

泳がせ釣りの水中イメージ

糸の抵抗によってオトリが後ろに引っ張られる

糸の角度が鈍角

メリット特徴

流れの緩いところや浅いところで活躍

オトリの自然な動きが出しやすい

オトリが弱りにくい

デメリット

オトリの操作が難しい

緩ませすぎると針に中ハリスが絡んでしまう「エビ」になりやすい。

オバセや上方テンションを意識する。

元気に泳ぎ回っている時は糸を緩めて自由に泳がせましょう

泳がなくなってきたらオバセや「上方テンション」を加えます。

「エビ」にならないように必要な分だけ糸を緩ませる意識も重要です。

必要な分だけ糸を緩ませる意識で「エビ」を回避しましょう。

2つの応用|引き釣り泳がせ

水中イメージ

引き釣り泳がせの水中イメージ

引き釣りをしている時でも竿を立てたり、糸を緩めるなど、泳がせ釣りの要素を加えます。

釣れそうなポイントで泳ぎを変化させるイメージです。

メリット

引き釣りと泳がせ釣りのいいとこ取りが可能

オトリを自由に動かしやすく、ピンポイントで自然な泳ぎを演出できる。

引き釣りベースの時は積極的に使ってみましょう。

適した仕掛け

泳がせ釣りに適した仕掛け

ナイロンライン

ナイロン複合系フロロ金属
泳がせ釣り
引き釣り
引き泳がせ
釣り方とラインの相性

泳がせ釣り

泳がせ釣りにはナイロンラインが向いています。

水受けが良く、よく伸びるため、上方向への引っ張り加減やオバセの調節がし易いという特徴があります。

しかし、「引き釣り系の釣り方」ではラインが浮き上がってしまうため、万能とはいえません。

泳がせ釣りに特化したい時に有効だといえるでしょう。

引き釣り

引き釣りには複合系と金属ラインが適しています。

比重が重いため、ラインが浮き上がりにくく引きやすいです。

引っ張り強度も高いため、流れの速い場所でも安心して使うことができます。

引き泳がせ

引き泳がせには複合ラインが適しています。

複合ラインは引き釣りに適している上に泳がせ釣りも可能です。

ナイロン系は引き釣りに向かないため、複合系ラインか金属ラインがおすすめです。

複合・金属ラインでは上方向のテンションで泳がせる。

複合・金属ラインでは水中糸が水流抵抗を受けづらく、オバセが効きづらいです。

その為、泳がせ釣りに特化する時は主に「上方テンション」を使います。

最初は力加減が難しいと思いますが、必要に応じて「上方テンション」をコントロールしましょう。

おすすめライン 

複合ライン

ナイロン

まとめ

今回は鮎釣りの基本、引き釣りと泳がせ釣りを解説しました。

場所やタイミングによって適した釣りは異なります。

基本の釣りを自分なりに変化させて、より良い釣果を目指しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました