鮎釣りの川選び|選び方の3ステップと役立つ知識を大公開!(初心者向け)

川で鮎釣りをする人達初心者さん

川で鮎釣りをする人達

みなさんは鮎釣りができる河川としてどこを思い浮かべるでしょうか。

鮎釣りの経験がある人以外は思い浮かべるのが難しいと思います。

そこで、今回はこれから鮎の友釣りを始める方でもわかりやすいように、鮎釣り河川の選び方を解説します。

新米<br>鮎釣り人
新米
鮎釣り人

鮎釣りってどこでできるんだろう?

近くの川でも大丈夫かな?

どの川を選んでいいかわからない。

こういった方におすすめです。

この記事では河川選びの要素を3ステップで解説します。

この記事を読むと自分に合った河川選びができるようになります。

その結果釣果アップや上達に繋がり、より鮎釣りを楽しめるようになります。

友釣りができる川を調べる

初めに友釣りができる河川を調べましょう。

あなたの「お住まいの県」と「鮎釣り河川」と調べます。

すると、鮎釣りができる河川をまとめているサイトが見つかります。

サイトを開くと幾つか河川の名前が出てきます。

ご自宅から河川との距離を調べて、行けそうな河川をピックアップしましょう。

サイト[川の名前を調べる地図では]河川名を入れて検索すると、その川がマーキングされて表示されます。

例えば相模川の支流、串川の始まりと終わりがぱっと見でわかるので便利です。

釣果を調べる

釣果のイメージ

より楽しむためにも、たくさん釣れている場所に行きましょう。

釣果の調べ方は川の名前と「釣果情報」で検索します。

釣果情報を載せているのは漁協組合のホームページやおとり店、釣り具店などです。

釣果情報を参考にするときの注意点

  1. 最新の釣果情報であるか
  2. その川のどの辺りか
  3. 同じ場所での釣果の差

  1. 状況はすぐに変わるため、最新の情報が望ましいです。
  2. 同じ河川なら、どこでも釣れるわけではありません
  3. 鮎が1場所に集まってしまうと、そこに入れずに全く釣れない場合もあります。
    釣れなかった人の釣果を参考にしましょう

釣れる鮎のサイズもチェックしておきましょう。

鮎の大きさに合わせた仕掛けの選び方はこちら

漁業協同組合を調べる

漁協の人たち|イラスト

漁業協同組合は遊漁券の発行や解禁日などの設定を行うことで川の資源などを管理しています。

したがって釣りをするには、その河川に定められた漁協のルールを守る必要があります。

主なルール

  • 解禁日、禁漁日
  • 釣り禁止エリア
  • 仕掛けのルール(釣り針の形状、本数など)
  • 他の川から魚を持ち込まないなど、

詳しいルールなどは漁協のホームページに記載されているので調べておきましょう。

川の名前と(漁協)で検索できます。

あわせて確認しておきたい項目

  1. 放流情報
  2. 釣果情報
  3. お知らせなど
  4. 水量、濁り(ダムや雨による増水)
この項目がない場合もあります。

1.鮎の放流直後は釣れやすく、初心者にもお勧めのタイミングです。

3.釣り人へのお願いや、釣り大会が行われる等のお知らせがあります。

4.水量が増えていると危険です。濁りが強いと釣りになりません。

漁協のホームページは一通り目を通しておきましょう。

釣りをする前に注意するポイント

指をさす男性釣り師|イラスト

水量

平水から10センチ増えただけでも川の流れは大きく変化します。

増水時に川に立ち込むのは危険なので控えましょう。

濁り

濁りが強いと極端に釣れなくなるため、リアルタイムな情報を確認しましょう。

上流に行けば濁りが薄くなることが多いですが、見切りをつけて濁りの薄い川に移動するのもよいでしょう。 

鮎の放流直後


放流直後は混雑しやすく、竿同士が接触しやすいため、注意が必要です。

トラブルを避けるためにも解禁当日などには、人が少なくなる夕方を狙うのがおすすめです。

まとめ

今回は鮎釣りの河川選び方を解説しました。

以下の3ステップで河川を選べば納得のいく鮎釣りができるはずです。

  • 友釣りができる河川を調べる
  • 釣果を調べる
  • 漁協組合を調べる


一人で釣りに行くのは不安、という方は経験者に連れて行ってもらいましょう。

そういった知り合いが居ない方は釣り教室に参加するのもおすすめです。

わからないことがあれば直接質問できるので最初は釣り経験者に教わりましょう。

他にも初心者の方に役立つ記事を書いているのでぜひご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました